腰痛でお困りなら蕨市の整体院 羽翼-TSUBASA-

ブログ

2021/09/23(木)

【坐骨神経痛】part②太もも外側の痺れの治し方!「大腿筋膜張筋・腸脛靭帯ほぐし」

カテゴリー:坐骨神経痛

 

太もも外側の痺れの治し方!part②

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

前回に引き続き、太もも外側の痺れの治し方

こちらをご紹介していきたいと思います。

 

坐骨神経痛で太もも外側の痛みや痺れに

お悩みの方は多いですよね。

 

病院や整骨院さんに受診されると

「腰からきている」と診断され

腰周りを施術していても、痛みは変わらない。。

 

このような方が多くいらっしゃいます。

それは腰が原因となっているのではなく

別のところに原因があるからなんですね。

 

そこで見ていただきたいポイントが

お尻~太ももの外側面の筋肉です。

 

前回は

小殿筋と中殿筋をお伝えしました。

こちらはお尻の外側にある筋肉です。

 

今回お伝えするポイントは

・大腿筋膜張筋

・腸脛靭帯

こちらになります。

 

大腿筋膜張筋は小殿筋や中殿筋の前方にあり

筋肉の延長線上に腸脛靭帯という靭帯が

膝まで伸びています。

 

こちらの腸脛靭帯は、大腿部の筋膜が

収束しているポイントでもあります。

 

ズボンの外側に縫い目がありますよね。

その縫い目が腸脛靭帯だと思ってください。

 

縫い合わさっているポイントなので

非常に硬くなりやすく、ここが硬くなることで

大腿部の筋膜が引っ張られ、神経が引っ張られることで

太もも外側の痛みや痺れを引き起こしてしまいます。

 

そしてこの腸脛靭帯は

大腿筋膜張筋はもちろん中殿筋や大殿筋などの

臀部の筋肉からも繋がっていますので前回紹介した

小殿筋中殿筋もしっかりとほぐしてください。

 

そのうえで大腿筋膜張筋と腸脛靭帯もほぐすことで

より効果的にほぐすことができます。

 

太もも外側の痛み痺れにお悩みの方は

必ず硬くなっていますので、しっかりとほぐしてください。

 

このポイントの硬さを取り切れていないが為に

痛み痺れにお悩みの方が多いですので

しっかりとほぐしてくださいね!

 

めちゃくちゃ痛いの心鬼にして頑張ってください!

 

実際のほぐし方はこちらを参考にしてくださいね!

 

 

 

 

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

 

腰痛改善は今すぐこちらをクリック

 

 

 

 

通常初回施術費12,000円のところ

初回限定特別価格3,980円
(税込)

10月24日(日)まで 予約多数の為1日1名様限定

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-9532-7272

【受付時間】9時〜21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。