腰痛でお困りなら蕨市の整体院 羽翼-TSUBASA-

【埼玉 脊柱管狭窄症】第五弾 もも裏の痛み痺れを治す~ハムストリングスストレッチ~

脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチ

第五弾 ~ハムストリングス~

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

これまで4回に分けて脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチを紹介してきました。

今回はもも裏の筋肉

「ハムストリングス」についてお伝えしたいと思います。

 

まずはじめにお伝えしたいことは

仮に脊柱管狭窄症と診断されていたとしても、腰骨が潰れていることが

足の痛み痺れの原因ではないということです。

 

確かに骨の隙間は狭くなっているかもしれませんが、それが直接痛み痺れの原因になっていることは

ほとんどありません。

 

単純に筋肉が硬くなってしまっていることが原因で痛み痺れが出ている人がほとんどです。

筋肉が硬くなってしまい、神経を圧迫していることがほとんどの原因になっています。

ですので、あなたの痛み痺れも筋肉をしっかりとほぐすことで改善することができますので

ストレッチを頑張ってみてください!

 

継続してストレッチを行うことで筋肉が少しずつほぐれ

神経の圧迫も弱くなってきます。

 

是非ストレッチで脊柱管狭窄症の痛み痺れを改善していきましょう!!

 

それでは今回紹介するハムストリングスのストレッチはこちら!!

 

頑張ってくださいね!

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

 

PS.【無料】腰痛改善ストレッチBOOKはこちらから
↓↓↓

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411
080-9532-7272

【埼玉 脊柱管狭窄症】第四弾 女性必見!内股の痛み痺れを治す~内転筋ストレッチ~

 

脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチ

シリーズ第四弾 内転筋ストレッチについてお伝えしたいと思います。

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

これまで脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチを紹介してきましたが

今回も同じくやっていきたいと思います。

 

まずあなたに知っていただきたいことは、

脊柱管狭窄症と診断されていたとしても、痛み痺れの原因は別のところにある!

ということです。

腰骨が潰れていることが根本的な原因ではなく、あくまで結果であり原因は別のところにあります。

 

それが

「筋肉」

なんです。

 

筋肉が硬くなることで、神経を圧迫し痛み痺れの原因となっているだけなんです。

ですので、筋肉をしっかりとほぐすことであなたの痛み痺れも改善することができます。

 

そこで今回お伝えする筋肉が

「内転筋」

という内ももの筋肉です。

 

骨盤~太ももにつく内転筋が硬くなることで、

骨盤を引っ張てしまい反り腰や内股の原因となります。

 

内股になることで、臀部の筋肉が引っ張られ硬くなってしまうので

臀部の下を通る神経を圧迫し痛み痺れの原因となってしまいます。

 

特に内股の女性は、内転筋が間違いなく硬くなっていますので必ずほぐしてくださいね!

 

内転筋をほぐして脊柱管狭窄症の痛み痺れを改善していきましょう!!

 

 

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

 

PS.【無料】腰痛改善ストレッチBOOKはこちらから
↓↓↓

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411
080-9532-7272

【埼玉 脊柱管狭窄症】第三弾 股関節の動きを開放し痛み痺れを治す~中・小殿筋ストレッチ~

脊椎管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチ

第三弾 中殿筋小殿筋ストレッチをお伝えしたいと思います。

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

これまで脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチをシリーズごとに紹介してきていますが

今回は中殿筋・小殿筋という筋肉についてお伝えしたいと思います。

 

結論からお伝えしたいことは、もし仮にあなたが脊柱管狭窄症と診断されていたとしても

腰骨が原因で痛み痺れが出ているということではないということです。

 

ではどこが原因なのかというと、

「筋肉」になります。

 

筋肉が硬くなっていることで神経を圧迫し、神経が引き伸ばされることで症状が出ています。

ですので、硬くなっている筋肉をしっかりとほぐすことで

脊柱管狭窄症と診断された痛み痺れも改善することができるようになります!

 

そこで今回お伝えする

「中殿筋」「小殿筋」

ですが骨盤の側面にある筋肉になります。

前回紹介した「大殿筋」は臀部後面を覆う筋肉で、こちらの筋肉の次に重要な筋肉が

今回紹介する中殿筋と小殿筋になります。

 

この2つの筋肉が硬くなると股関節の動きが悪くなります。

股関節が硬くなってしまうと骨盤と連動した動きができなくなり、臀部の筋肉が全て硬くなります。

すると神経を圧迫してしまい痛み痺れに繋がりますので、しっかりとほぐしてくださいね!

 

脊柱管狭窄症と診断されたあなたも

中殿筋と小殿筋をしっかりほぐすことで痛み痺れを改善することができますよ!

 

 

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

 

PS.【無料】腰痛改善ストレッチBOOKはこちらから
↓↓↓

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411
080-9532-7272

【埼玉 脊柱管狭窄症】第二弾 頑固な痛み痺れともおさらば~大殿筋ストレッチ~

 

脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチ

第二弾~大殿筋ストレッチ~

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

前回のブログに引き続き脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチをご紹介していきたいと思います。

 

前回もお伝えしましたが、脊柱管狭窄症と診断されているあなたも

実は腰骨が潰れていることが痛み痺れの原因ではなく、

筋肉が硬くなってしまっていることが根本的な原因のことが非常に多いです。

 

確かに見た目上は腰骨が潰れているかもしれませんが、それはあくまでも結果であり

原因は別のところにあることがほとんどなんです。

 

そこで前回から原因となる筋肉のストレッチを紹介しておりますので、是非参考にしてください。

 

なぜ、筋肉が原因といえるのか?

3つの理由があります。

 

1つ目に、お風呂に入り温まると症状が軽くなるまたは無くなりますよね。

骨が潰れてしまっているとしたら、お風呂に入っている時も潰れていますよね。

なぜ楽になるのか?

血行が良くなり、筋肉が柔らかくなることで一時的に神経の圧迫が緩むからです。

 

2つ目に、ある特定の動きをすると辛くなるまたは楽になりませんか?

骨が潰れてしまっているとしたら、ずっと潰れているので症状は常にあると思いませんか?

筋肉を使うまたは休ませることで症状が変わるからなんです。

 

3つ目に、歩行中痛くなっても少し休むとまた歩けませんか?

骨が潰れているとしたら、歩行中もずっと潰れているので神経を触っていますよね。

歩くことで使う筋肉が疲労して硬くなります。休むことで一時的に筋肉の疲労が抜けて神経の圧迫が和らぐからなんです。

 

これらの症状が当てはまるのであれば、あなたの痛み痺れも脊柱管狭窄症が原因ではなく

筋肉が原因となりますので、しっかりとほぐすことで改善することができます。

 

今回お伝えする筋肉は

「大殿筋」

という、お尻で一番大きな筋肉になります。

 

脊柱管狭窄症のあなたは、間違いなく硬くなっていますのでしっかりほぐしていきましょう!!

 

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

 

PS.【無料】腰痛改善ストレッチBOOKはこちらから
↓↓↓

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411
080-9532-7272

【埼玉 脊柱管狭窄症】第一弾 大腿四頭筋ストレッチ

 

本日より脊柱管狭窄症の痛み痺れを治すストレッチをシリーズごとに紹介したいと思います。

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

もしあなたの脊柱管狭窄症の痛み痺れをストレッチで改善できるとしたらどうですか?

 

脊柱管狭窄症とは

背骨が潰れ、神経を圧迫している病態ですよね。

 

しかし、この脊柱管狭窄症が根本的な原因となって

足に痛み痺れが出ているケースはほとんどないのを知っていますか?

 

仮に病院にて脊柱管狭窄症と診断され

「手術をしないと治らない」

といわれた患者様名でも痛み痺れが無くなる方が多くいらっしゃします。

 

それは、脊柱管狭窄症による背骨の圧迫が根本的な原因ではなく

別のところに原因があるからなんですね!

 

それはどこか!?

 

「筋肉」

です。

 

単純に筋肉が硬くなり神経を圧迫し、神経が引き伸ばされていることが

あなたの痛み痺れが原因となっています。

 

 

そこでまずはじめに見ていただきたい筋肉が

「大腿四頭筋」

太もも前面の筋肉です。

 

脊柱管狭窄症のあなたは必ず姿勢が悪くなり、大腿四頭筋が硬くなっていますので

騙されたとおもってしっかりほぐしてみてください!!

 

筋肉をほぐして脊柱管狭窄症の痛み痺れを改善していきましょうね!

 

 

 

最後までブログをご覧いただきありがとうございました。

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

 

PS.【無料】腰痛改善ストレッチBOOKはこちらから
↓↓↓

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411
080-9532-7272

 

 

 

通常初回施術費12,000円のところ

初回限定特別価格3,980円
(税込)

10月3日(日)まで 予約多数の為1日1名様限定

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-9532-7272

【受付時間】9時〜21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。