腰痛でお困りなら蕨市の整体院 羽翼-TSUBASA-

【重要】脊柱管狭窄症にならない為の予防ストレッチ!

脊柱管狭窄症になりたくないなら

このストレッチをしてください!

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は脊柱管狭窄症にならない為の

ストレッチをお伝えしたい思います。

 

脊柱管狭窄症にならないか不安だ、、

脊柱管狭窄症なってしまったらどうしよ、、

 

そんなお悩みがございましたら

是非参考にしてください!

 

脊柱管狭窄症の症状として

歩いていると脚が痛くなったり痺れたり

少し休むとまた歩けるといった

間欠性跛行がありますね。

 

脊柱管狭窄症は60~70代に

なられている方が多いです。

 

そんな脊柱管狭窄症にならない為に重要なことは

「姿勢」になります。

 

脊柱管狭窄症の方は

体が前に倒れてしまい、腰がくの字になってしまい

腰が伸びませんという方が多いです。

 

今のうちから腰がくの字に曲がらないように

腰をしっかりと伸ばすことが大切になります。

 

その際に大切になってくるポイントが

「大腿四頭筋」という太ももの前側の筋肉になります。

 

大腿四頭筋が硬くなってしまうと

骨盤が前傾(前側)方向に引っ張られてしまいます。

 

そうすることで腰が曲がりくの字になってしまいます。

その姿勢のまま歩いているので脊柱管狭窄症に

なってしまいますので、大腿四頭筋をしっかりと伸ばして

今のうちから柔らかくしておいてください!

 

大腿四頭筋はとても硬くなりやすい筋肉ですので

40代50代のうちからしっかりと伸ばすことで

脊柱管狭窄症を予防することができますので

是非意識してみてくださいね!

 

実際のストレッチはこちらを参考にしてください!

 

 

 

 

 

PS.これらの”常識”をまとめた「腰痛改善ストレッチbook」を

今だけ【無料】でプレゼントしているのでこちらからどうぞ!!
↓↓↓

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

【蕨市 脊柱管狭窄症】間欠性跛行を改善するには頚部ストレッチを!

脊柱管狭窄症の間欠性跛行を改善するには

「頚部ストレッチ」を行ってください!

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今回も脊柱管狭窄症の間欠性跛行を改善する

ストレッチを紹介したいと思います。

 

前回お伝えさせて頂いたストレッチは

「胸郭」になりますね。

 

こちらの胸郭と合わせて行って頂くことで

より効果的になりますので、是非一度

試してみてください!

 

脊柱管狭窄症になぜ?

 

これは「姿勢」が関わってきます。

 

脊柱管狭窄症の方は背中が丸くなる

猫背の姿勢になられてしまっている方が

ほとんどです。

 

不良姿勢のまま歩いているので

下肢に余計な負担がかかり、血流が悪くなり

筋肉が硬くなってしまい、痛みや痺れの

原因になってしまうのです。

 

正しい姿勢で歩くことができれば

足への負担がなくなりますので

スムーズに歩く事が可能になります!

 

ですので、姿勢を改善することで

間欠性跛行を改善することができるように

なるんですね。

 

 

そこで猫背の姿勢というのは

胸郭が丸くなり、首が前に

倒れている姿勢になります。

 

前回お伝えしたストレッチで

胸郭を開き、今回のストレッチで

頚部を元に位置に戻すことで

正しい姿勢になりますので、

こちらのストレッチを頑張ってください!

 

 

 

PS.これらの”常識”をまとめた「腰痛改善ストレッチbook」を

今だけ【無料】でプレゼントしているのでこちらからどうぞ!!
↓↓↓

 

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

【脊柱管狭窄症】間欠性跛行には胸郭ストレッチが必須!!

脊柱管狭窄症に胸郭ストレッチしていますか?

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今回も脊柱管狭窄症の間欠性跛行を改善する

ストレッチを紹介していきたいと思います。

 

今回お伝えするポイントは

「胸郭」になります。

 

胸郭???

 

胸骨~肋骨~背骨に囲まれた

籠の様になっています。

 

中には大切な臓器である

心臓と肺が入っているのですが

この胸郭が間欠性跛行を改善する上で

非常に大切になってきます。

 

脊柱管狭窄症の方の姿勢は

「猫背」になってしまっている方が

ほとんどです。

 

背中が丸くなってしまっている状態で

歩いている為に、下半身に余計な負担がかかり

下肢の筋肉が硬くなり、血流が悪くなってしまう事で

間欠性跛行になってしまうのです。

 

足に症状が出ているからといって

足回りのストレッチだけをしていても

間欠性跛行は改善できません。

 

正しい姿勢で歩けるようになって

初めて間欠性跛行を改善することが

できるんですね!

 

そして背中を丸くしてしまう原因として

・大胸筋

・広背筋

 

この2つが特に硬くなっています。

 

これまで下半身のストレッチはやっていたけど

なかなか改善していない方は是非一度

こちらのストレッチを試してみてください!

 

 

 

 

PS.これらの”常識”をまとめた「腰痛改善ストレッチbook」を

今だけ【無料】でプレゼントしているのでこちらからどうぞ!!
↓↓↓

 

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

【蕨市 脊柱管狭窄症】スタスタと歩けるようになるストレッチはこれ!

 

脊柱管狭窄症のあなたが

スタスタと歩けるようにストレッチ!

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回も脊柱管狭窄症の間欠性跛行を

改善するストレッチをご紹介します!

 

もしあなたが

5分10分歩くと

ふくらはぎの外側が痛い

太ももが痺れる

 

といった、症状がありましたら

是非参考にしてください!

 

間欠性跛行の原因は

脊柱管が狭くなっているのが問題ではなく

「筋肉」が硬くなることで、血流が悪くなり

神経を圧迫してしまうことで、神経の通りが

悪くなってしまうのが原因になります。

 

歩く際の痺れに重要になってくるのが

「ふくらはぎ」の筋肉になります。

 

・腓腹筋

・ヒラメ筋

 

2つの筋肉が硬くなることで

間欠性跛行の原因になってきます。

 

腓腹筋とはふくらはぎ表面の筋肉で

ヒラメ筋とは腓腹筋の下にあります。

 

両方の筋肉をしっかりと伸ばすことで

間欠性跛行が改善し

スタスタと歩けるようになりますので

是非頑張ってください!!

 

ストレッチのやり方も重要になってきますので

こちらを参考にしてください!

 

 

 

 

PS.これらの”常識”をまとめた「腰痛改善ストレッチbook」を

今だけ【無料】でプレゼントしているのでこちらからどうぞ!!
↓↓↓

 

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

【蕨市 脊柱管狭窄症】間欠性跛行を治すストレッチ!!

脊柱管狭窄症の間欠性跛行を治すストレッチはこれ!

 

整体院羽翼-TSUBASA-の高橋です。

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

5分10分歩くと痛くなる、痺れる

2・3分座っていたり、前かがみに

なって休んでいるとまた歩ける。

 

こんな「脊柱管狭窄症」に特徴的な

症状はありません?

 

この間欠性跛行はどこが原因だと

思いますか?

 

結論から言いますと

「筋肉」です。

 

筋肉が硬くなることで

血流が悪くなり、酸素欠乏状態となり

痛みや痺れの原因となります。

 

イメージとしましては

「正座」をしている状態です。

 

最初の頃は何もないですが、

長時間正座していると

だんだん痺れてきますよね。

 

血流が悪くなり、酸欠状態に

なっているからですが、

あなたのお身体にも普段から

同じ状態が起きているということです。

 

筋肉が硬くなり、血流が悪くなって

しまっているんですね。

 

ですので、硬くなった筋肉をしっかりと

ほぐさなければいけないのですが、

ただほぐすだけでは治りません。

 

大元が大切になります!

 

歩く時はどこを原動力にしていますか?

 

腰では歩いていないですよね。

 

「股関節」になります!

股関節が歩く際の原動力、エンジンとなり

動くことができています。

 

その股関節が硬くなってしまっていると

エンジンが上手く使えていない状態ですので

余計なところに負担をかけ、筋肉が

硬くなってしまうのです。

 

間欠性跛行の大元となる

「股関節」を改善することが

痛みや痺れなく歩けるようになる

第一歩となります!

 

股関節をしっかり伸ばして

脊柱管狭窄症の間欠性跛行を

改善していきましょう!!

 

 

 

 

PS.これらの”常識”をまとめた「腰痛改善ストレッチbook」を

今だけ【無料】でプレゼントしているのでこちらからどうぞ!!
↓↓↓

 

 

当院はコロナウイルス対策としまして

 

・常時換気をしたままでの施術
・ベット周囲(特に顔周り)の消毒
・入口に手指消毒液の設置
・1施術事の手洗いうがいの徹底
・マスク着用にての施術

 

以上の対応の上、患者様には少しでも安心して施術を受けられる環境を提供しております。

 

埼玉県蕨市で腰痛にお悩みでしたら、埼玉県蕨市で唯一の腰痛専門整体院羽翼‐TSUBASA‐へ
院長:高橋翼
蕨市中央4-11-12アネックス蕨411

080-9532-7272

 

 

 

通常初回施術費12,000円のところ

初回限定特別価格3,980円
(税込)

10月3日(日)まで 予約多数の為1日1名様限定

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

080-9532-7272

【受付時間】9時〜21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。